Twitterキャンペーンツールランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

Twitterキャンペーンツールの自社に合った選び方とは

公開日:2022/04/15  最終更新日:2022/05/17


近年、SNSの利用者数が増加しており、個人だけでなく多くの企業が利用しています。そして、Twitterキャンペーンを活用すれば、企業アピールを効率的に行うことが可能です。そこで、今回はTwitterキャンペンーンツールの選び方やそれぞれの特徴について紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

Twitterキャンペーンツールとは

TwitterはSNS運用の中でも効率的に商品アピールや企業の宣伝が可能なツールといえます。しかし、担当者が毎日ツイートしたり、画像や写真などを投稿したりするのは負担が大きくなってしまうでしょう。とくに抽選機能付きのキャンペーンを実施する場合は応募者が殺到する可能性があり、担当者が各ユーザーにリプライするのは現実的ではありません。

そこで、多くの企業がキャンペンーンツールを活用しています。Twitterキャンペンーンツールというのは効率的にキャンペーンを実施するための手法の1つです。自社の担当者が個別に対応しなくても、ツールを使用すれば自動化が可能になったり、さまざまなデータを集計したりできます。

Twitterキャンペーンツールの種類

キャンペンーンツールにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴やコスト、使い勝手などが異なるため、自社に合ったツールを選ばなければなりません。キャンペンーンツールには主に効率化ツールと効果測定ツールの2種類があり、特徴が大きく異なります。

効率化ツール

効率化ツールとは文字通り、Twitter運用を効率化してくれるためのものです。たとえば、抽選付きキャンペーンを実施した場合、抽選作業を行ったり、当選メッセージを送ったりなど、たくさんの工程を踏まなければなりません。もちろん、ツールを使用していない場合は担当者がすべて行わなければならず、時間と労力がかかってしまいます。

しかし、効率化ツールを活用すれば、すべての作業を自動で行ってくれるため、担当者の負担を軽減でき人為的なミスもなくなるため、費用対効果が高いといえるでしょう。

効果測定ツール

一方、効果測定ツールはキャンペーンを通してユーザーのデータを集計できるツールです。キャンペーンに参加したユーザーの性別や年齢、住んでいるエリアなどを集計して分析できるので、商品開発やサービス提供の参考になるでしょう。

自社に合ったTwitterキャンペーンツールの選び方

さまざまな種類があるキャンペーンツールの中から、自社に合ったツールを選ぶ必要があります。最適なツールを選ばなければ、期待通りの結果が得られなかったり、コストだけがかかってしまったりするなど、ツールをうまく活用できなくなってしまいます。

そのため、さまざまなツールの特徴を理解したうえで、自社に合ったものを選びましょう。たとえば自動返信機能やレポート機能が搭載されているツールなら、担当者の負担を軽減できるメリットがあります。活用方法はさまざまで抽選付きキャンペーンにも最適です。さらに、ユーザーの不正を省くシステムが搭載されていれば、厳正なキャンペーンを実施できます。

そのほか、応募者の抽出や当選者選定、当選メッセージの配信などをすべてサポートしてくれるものや、運用方法でわからないことがあってもツールの担当者からチャットサポートを受けられる安心感のあるサービスを提供しているケースもあります。ほかにも、AI判定機能が搭載されたツールでは、不正応募をしたアカウントをブラックリストに入れることも可能です。

このように、キャンペーンツールによって特徴が異なるため、自身の必要な機能や、あったら嬉しいと思える機能をよく考え、検討することが大切といえます。

Twitterキャンペーンを実施するときの注意点

キャンペーンを実施するときは目的を明確にしておくことが大切です。漠然とフォロワー数を増やすために実施すると期待できる効果が見込めないでしょう。そのため、なぜキャンペーンを行うのか、どのようなキャンペーンを行うのかを明確にしておく必要があります。

そして、応募者のハードルを下げることも重要です。応募条件が厳しい場合はユーザーが面倒に感じてしまい、なかなかキャンペーンに参加してくれないこともあります。そのため、「フォローだけで応募完了」など、応募のハードルを下げることをおすすめします。

そのほか、期間設定も重要なポイントになるようです。短すぎるとキャンペーンが拡散される前に終了してしまい、効果が薄れてしまいます。逆に期間が長すぎると魅力を感じにくくなってしまうので、バランスの取れた期間設定が大切です。

 

Twitterキャンペーンを実施する際はツールの導入がおすすめです。しかし、各社からさまざまなツールが展開されており、どのようなツールを選べばよいか分からないという企業も多いでしょう。ツールを選ぶ際は使用目的や用途、予算や使い勝手など総合的に判断したうえで選ぶのがポイントです。

さらに、費用対効果を意識することも大切といえるでしょう。ツールの導入にはコストがかかります。そのため、コストを上回る効果を得るために、自社に合ったツールを選定することが重要です。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

近年、TwitterなどのSNSをした宣伝や集客が主流になりつつあります。とくにTwitterキャンペーンは高い効果が得られると注目を集めており、さまざまな業界で取り入れられているのです。そ
続きを読む
近年、SNSの利用者数が増加しており、個人だけでなく多くの企業が利用しています。そして、Twitterキャンペーンを活用すれば、企業アピールを効率的に行うことが可能です。そこで、今回はTwi
続きを読む
デジコ Twitterキャンペーンは、デジタルギフト×SNSでサービスや商品を訴求できるサービスです。即日納品・後払いでスピーディーな販促を実現している、1円から発行できるデジタルギフトサー
続きを読む