Twitterキャンペーンツールランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

Twitterキャンペーンを実施するメリット・デメリットとは?

公開日:2021/11/01  最終更新日:2021/11/08

近年、SNSの宣伝効果は大きいですよね。多くの企業が自社の商品やブランドの認知拡大や、自社アカウントのフォロワー増加を目的にTwitterキャンペーンを実施しています。今回は、そんなTwitterキャンペーン実施するメリット・デメリットについて紹介します。Twitterキャンペーンを今後実施したいと考えている人は、この記事を参考にしてみてくださいね。

そもそもTwitterキャンペーンとはどのようなもの?

Twitterキャンペーンとは、その名のとおり、Twitter上で企業やブランドの認知拡大や自社アカウントのフォロワー増加を目的として行われるSNS上のキャンペーンのことです。

Twitterキャンペーンには「フォロー・リツイートキャンペーン」「ハッシュタグキャンペーン」「写真・動画投稿キャンペーン」「インスタントウィン」のように、いくつか種類があります。それぞれの特徴を解説します。

「フォロー・リツイートキャンペーン」とは、企業やブランドが運営するSNSアカウントをフォロー・リツイートすることでプレゼント企画などに参加できるキャンペーンです。

企業やブランドが運営するアカウントのフォロワーを増やし、より多くのユーザーに情報を届けることを実施目的としています。プレゼントの当選者には後日DMなどで通知される場合が多いです。

「ハッシュタグキャンペーン」とは、実施企業が指定した特定の言葉にハッシュタグをつけて投稿したユーザーに対してプレゼントなどの特典をあげるキャンペーンです。投稿された内容は、専用ツールなどを利用して、自社サイトへ掲載する場合が多いです。

「写真・動画投稿キャンペーン」とは、商品やお店の雰囲気を写真や動画で投稿してもらい、よりリアルな声を届けるキャンペーンです。商品やお店を実際に利用した人の生の声が届けられるので、高い宣伝効果が期待できます。

「インスタントウィン」とは、フォローやリツイートをすることその場でプレゼント企画などに参加でき、すぐに抽選結果がわかるキャンペーンです。

フォローやリツイートをキャンペーンの参加条件としているところはフォロー・リツイートキャンペーンと似ていますが、クイズやゲームを楽しめるうえに、その場ですぐに当落結果がわかるのが大きな特徴です。

Twitterキャンペーンを実施するメリット

1つ目のメリットは「新規フォロワーを獲得しやすい」という点です。Twitterキャンペーンは、フォロー・リツイートキャンペーンのように企業やブランドのアカウントをフォローすることを参加条件にすることで、新規フォロワーの獲得が期待できます。フォロワーの多いアカウントはそれだけ影響力のあるアカウントになります。

2つ目のメリットは「認知拡大効果が期待できる」という点です。Twitterキャンペーンは、フォロー・リツイートや、ハッシュタグ投稿、写真・動画投稿といったように簡単な条件のものが多いため、ユーザーが気軽に参加できます。そのため、既存ユーザーからの拡散により、ターゲットに限らず、幅広い人へ拡散でき、認知拡大効果が期待できます。

3つ目のメリットは「宣伝コストを抑えられる」という点です。Twitterキャンペーンは、Twitterにキャンペーン告知を投稿するだけで、ユーザーが情報を拡散してくれるため、一般的な企業宣伝に比べて低コストで実施できるのが特徴です。

成功時には、あまり費用をかけずに多くのユーザーに情報を届けられるので、中小企業や個人事業主など、広告費を少しでも抑えたい人におすすめの宣伝方法だといえます。

Twitterキャンペーンを実施するデメリット

1つ目のデメリットは「応募者のチェックが大変」という点です。参加ハードルが低く、誰でも気軽に参加できることから、応募が殺到する可能性があります。そのため、多くの応募者11人が応募条件を満たしているかを確認する作業に多くの時間と手間がかかります。

2つ目のデメリットは「抽選後の対応が大変」という点です。Twitterキャンペーンは応募者の中から抽選を行い、当選者にプレゼントを送る場合が多いです。そのため、当選者へDMで通知をし、プレゼントの送り先住所を取得するなどの作業が必要になります。

また、DMに対して返信がない場合は、繰り上げ当選するなどの手間がかかる場合もあります。住所取得後は、プレゼントの発送作業も必要です。このように、多くの人が参加してくれる反面、その対応に大きな手間がかかる可能性があります。

3つ目のデメリットは「キャンペーン終了後にフォロワーが減る」という点です。Twitterキャンペーンを実施すると、参加の手軽さからフォロワーが増加します。

しかし、多くの人に拡散される反面、あまり企業やブランドに興味のないユーザーも特典を目当てに一時的にアカウントをフォローする可能性もあります。そのため、キャンペーン終了後に関心の低いフォロワーはフォローを解除してしまう可能性があるのです。

 

今回紹介したようにTwitterキャンペーンは、手軽に企業やブランドの宣伝ができ、新規フォロワーの獲得や認知拡大が期待できるというメリットがある反面、キャンペーン参加者の管理や対応の手間が発生するなどのデメリットもあります。

多くの参加者の管理は、Twitterキャンペーンツールなどを導入することで簡単に管理が行えるので、チェックしてみてください。メリット・デメリットを考慮してTwitterキャンペーンを成功させましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

Twitter上で「フォロー&リツイートをしてくれたら抽選でプレゼント」という企画をみたことがある方は多いのではないでしょうか?有名なYouTuberなどによる企画も多く、一般的に知られてい
続きを読む
Twitter上で、個人の投稿でも見かけることが多くなっているカンバセーショナルカード。企業にとってはキャンペーンで利用するとさまざまな効果が見込める機能なのです。この記事では、カンバセーシ
続きを読む
TwitterなどのSNSの投稿でよく見かける「#ハッシュタグ」。企業が自社商品やサービスのキャンペーンとして使うことも多いものですが、目的や手法を間違えてしまうと効果は見込めません。この記
続きを読む