Twitterキャンペーンツールランキング!口コミで人気の業者を厳選しました。

Twitterキャンペーンを実施するまでの具体的な流れとは?

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/02/01


手軽に行える販促方法として各企業が取り入れているTwitterキャンペーン。こちらはどのような流れで実施するのかをご存じでしょうか?Twitterキャンペーンをこれから始めたいという方に向けて、Twitterキャンペーンを実施するまでの具体的な流れやポイントについて解説します。

Twitterキャンペーンの仕組みとは?

Twitterキャンペーンはその名の通り、Twitterでさまざまなキャンペーンを行う販促方法です。よく見られるのが、特定のアカウントをフォロー&特定のツイートをリツイートして応募するフォローリツイートキャンペーンや、特定のハッシュタグをつけて投稿するハッシュタグキャンペーンなどがあげられます。

こうしたキャンペーンは応募者も無料で手軽にできることから応募者が集まりやすく、キャンペーン内容が広まりに連れて、自然と宣伝効果を得られるのが大きなメリットといえるでしょう。Twitterキャンペーンの仕組みそのものは至ってシンプルです。キャンペーン内容や応募方法を決めたら、実行するだけ。

上記で紹介したフォロー&リツイートキャンペーンやハッシュタグキャンペーンの他にも、写真投稿キャンペーン(キャンペーン商品の写真など、指定の写真を投稿してもらうことで参加するキャンペーン)や、インスタントウィン(その場でゲームやクイズなどの企画に応募できるキャンペーン)があります。どのそれぞれキャンペーンに応募した人に対して何らかのプレゼントや見返りを送ることを条件として提示することで、キャンペーン応募者が集まり、高い販促効果を得られるという狙いがあります。

いずれもTwitterを利用した販促方法として定着しており、手軽に応募できる、誰でも簡単に扱えるという観点から、大手企業も積極的に取り入れている方法です。こうしてTwitterキャンペーンで応募が集まったあとは、応募者から当選者を選定し、決定者の発表、決定者へDMを使って連絡をし、キャンペーン商品送付に関するやりとりやご案内をする、というのがTwitterキャンペーンの大体の仕組みになります。

Twitterキャンペーンを実施するまでの具体的な流れ

このようにTwitterキャンペーンにはいくつか種類がありますが、いずれも実施する前にはTwitterアカウントを作るのが必須です。キャンペーンに関係したアカウント名や、企業名にすることでキャンペーンに応募してもらいやすくなるでしょう。アカウントを作った後は、早速投稿を行います。

キャンペーンに関する告知ツイートをした後に、企業などであればPRとして優良で提示してもらう方法もあるため必要に応じてTwitter社に連絡を取るべきでしょう。ツイートを作る際には必ず、Twitterキャンペーンや商品名、プレゼントなどのタグをつけることを忘れてはいけません。

Twitterキャンペーンに積極的に参加しているユーザーがいれば、自然とリツイートなど拡散につながり、宣伝効果も高まります。上手く拡散しないようであれば、1度だけではなく何度か時間をあけてTwitterキャンペーン告知ツイートをするようにしてみてください。

普通にツイートをする分には何度行っても無料です。何度か時間をあけてツイートすることで最新の検索に引っかかり易くなり、応募者が集まりやすくなります。こうして拡散がされ応募者が集まったら、締切りまでそのまま待ちましょう。締め切り日と締切り時間は必ずツイートに記載することを忘れてはいけません。当選者の発表や商品の発送などをDMで行うようでしたら、その点を注意しておくことも大切です。

Twitterキャンペーン実施時に注意するべき点

Twitterキャンペーンは無料で手軽に実施できるからこそ、いくつか注意するポイントがあります。

まず、普通にツイートをするだけではなかなかキャンペーンの存在に気が付いてもらえないということです。ハッシュタグなどをつけずにただ商品の宣伝をしていたり、面白みや興味を引かないような文章だったりでは食いつきが悪くなります。

Twitterキャンペーン時は、いかにユーザーに興味を持ってもらえるかが重要です。検索に引っかかるように工夫することはもちろん、ある程度魅力的な商品を取り揃え、ユーザーが応募したいと思えるような特典を用意すると、自然と拡散されやすくなります。

またTwitterキャンペーンでは、Twitterルールに準拠することも忘れてはいけません。せっかく応募があったにも関わらずTwitterルールに反していたため、キャンペーンそのものが打ち切りになってしまったということがないように、Twitterキャンペーンで気になることがあれば事前に規約を確認し、わからない部分は問い合わせておきましょう。DMを大量に送る可能性がある場合、送信制限がかかる可能性もあるため事前にTwitter社に連絡しておくことも大切です。

 

Twitterキャンペーンは思い立ったときにいつでも行えるキャンペーンとして、多くの企業が実施しています。キャンペーン内容には工夫を凝らす必要がありますが、上手くハマれば手軽に行える販促方法です。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

Twitter上で「フォロー&リツイートをしてくれたら抽選でプレゼント」という企画をみたことがある方は多いのではないでしょうか?有名なYouTuberなどによる企画も多く、一般的に知られてい
続きを読む
Twitter上で、個人の投稿でも見かけることが多くなっているカンバセーショナルカード。企業にとってはキャンペーンで利用するとさまざまな効果が見込める機能なのです。この記事では、カンバセーシ
続きを読む
TwitterなどのSNSの投稿でよく見かける「#ハッシュタグ」。企業が自社商品やサービスのキャンペーンとして使うことも多いものですが、目的や手法を間違えてしまうと効果は見込めません。この記
続きを読む